• COLOR-P

十人十色の出産物語

屋久島の生活と子育てといろいろ

『出産は命がけだ!』

(がっちゃんの初めてのエコー写真☆)


お腹の中に命が宿り、日々その命を育み、この世に誕生するまで

母は自分の中にいる我が子を守るために精一杯だ。

そして。

出産して1年以上たった今も、まだまだ身体はなかなか戻らない。

おっぱいが垂れたり

尿もれしたり

まともに運動できなかったり

出産後の身体の変化は予想以上。

出産した後も、母さんは身体も心も日々いっぱいいっぱいなのだ…。



『出産=ハッピー』

そんなイメージをしていたけれど

私はそのイメージに実は押しつぶされそうになっていた気がする…

(里帰り出産で屋久島を出発する前に、お父ちゃんとお腹のがっちゃんと島一周。

屋久島のエネルギーをたくさんもらって東京へ。)

なんとも今回は

だいぶネガティブな言葉からのスタートになってしまったけど

出産で体験した素直な私の気持ち。


「不安が大きくて妊娠を心からたのしめない…。」

「お腹の中に命がるということに身体と心がついていかない…。」

「なぜ?私はハッピーじゃない…?」

妊娠中そんなことを感じていた。

友だちも、ネットも「しあわせ記」しか教えてくれないけど

「私だけ?」「私だけじゃない…?」

あの時そんなことを知りたかったからこそ、今回はちょっとネガティブな気持ちも素直に伝えたいと思う。

女性に生まれて

結婚して出産することは

小学校→中学校→高校と進学していくように

「みんながするもんだー!」と思っていた脳天気レベルな私。

なかなかその時が来なかったけど

「まぁ。いつか来るだろ…」となんとなく思っていた。

けれど、あまりにもこないもんだから

「もしかしたら、このままこない?」そう思い始めてた頃…

急なタイミングでやってきた!

40歳…!!!

のんきすぎた私はだいぶ遅めだった…。


「おめでとうございます!」

と助産師さんに声をかけてもらった瞬間は

今でも鮮明に覚えている!!

「私もお母さん…?!!!」

まさかの信じられない気持ちと

その時が来たという喜び

でもこれから起こる身体の変化や心の変化は想像できていなかった…。



人生の経験は少しばかり多くしていたけれど出産ははじめて

わからないことばかり

屋久島には情報も少ない

頼りになるのはネット

高齢だからこそなのか身体の変化についていけない

本当に大きくなるのか

お腹の赤ちゃんは今はどんな状態なのか

実際にやってきた妊娠生活は

毎日不安との戦いだった。


『出産には一人一人の物語がある』


よく聞くけれどピン!とはきてなかった。

どんな出産があるのだろう…と初めていろいろ調べた。

特に屋久島にはいろんな形で自分たちにあった出産を迎えている人がたくさんいた。

「家族だけで自宅出産した友人」

「海で出産したという知人」

赤ちゃんの生命力を最大限に感じながら出産したという話をたくさん聞いた。


「こんな出産できたらいいな…」

私もそんなことを少しばかり考えたけど


最終的に私が選んだのは

『普通の出産』

何をとって普通というのか…というのはあるが