毎日が一歩一歩



生まれてすぐに立ちあがる動物もいれば

人は歩くまでに1年近くかかる

生きていく上で大切な

「食べる」「寝る」 

それさえも人間は本能だけではなかなか身につかない

人はできるようになって生まれてくるわけではなかった

一歩一歩学んでいるのだ


『すべてが一歩一歩』

そう思ったら なんだか毎日が宝物に感じた。


保育歴18年。

まぁまぁベテラン保育士だった私は

妊娠、出産は初めてでわからないことだらけだったけど

子育てに関しては少しばかり自信があった。


『子どもにとってなにが大切なのか』

たくさんの子どもたちと接しながら学んできた日々。

子どもの専門家としてとことん追求しながら誇りを持ってやってきた。

今度はそれを我が子に伝えていく時。

ずっとずっと思い描いていたことが叶ったようなわくわくしかなかった。



とりあえず布おむつを用意した。

母乳で育てるつもりで哺乳瓶は用意しなかった。

手作りのおくるみを作った。

(ぬいぐるみも挑戦したが間に合わなかった…笑笑)


父ちゃんはがっちゃんに本棚を作ってくれた。


リサイクルが盛んな屋久島では、友達や島内のリサイクルサイトでほとんどのものが揃った。

甥っ子や姪っ子も自分が大切にしていたおもちゃをたくさんくれた。

ありがたいことに教え子までお下がりをくれた。

なんだか子育てのバトンを渡してもらってるみたいでそれがまた嬉しかった。


子どもに優しいもので

ぬくもりがあるもので

丁寧に子育てをする

1つ1つがっちゃんの身の回りのものを揃えながらそんなことをイメージしていた。



だけど

やっぱり私も1年生だった。

なかなか思うようにいかない子育て。


保育士だろうが

看護師だろうが

憧れの誰だろうが

みんなお母さんになれば1年生。

子どもと一緒に一歩一歩の毎日。

不慣れでわからなくて泣いて…

でもそれが逆にとても愛おしく感じた。

我が子と共に私も母親になっているのだ。



今回は

お母さん1年生で過ごしたかけがえの毎日と

がっちゃんの育ちの中で知った一歩一歩の話。




《母乳は戦いだった話》

赤ちゃんが生まれたら自然と母乳は出るものだと思っていた。

確かに出る人もたくさんいる。

けれど私は母乳が出なかった…。

がっちゃんもなかなか私の乳首をうまくくわえられない。

毎回測る体重は全く増えない…。

一生懸命絞り出しても出てこない空っぽの哺乳瓶を見ると

母乳で育てると張り切っていた私は母親の役割を果たせていない気がして

涙が止まらなくなった。

そして結局退院の時まで出なかった…。

「そのうち出るようになるから大丈夫ですよ。」と看護師さんは励まされ退院したものの

心配でおっぱいマッサージの病院をすぐに探した。

哺乳瓶は買ってなかったから慌てて買いに行った。

私があまりにも心配してるのを悟ったのか、なぜか退院した次の日に今度は急におっぱいが張り出した。

びっくりするくらいにはってきて、痛くてたまらなくなった。

母乳は作られるようになってもがっちゃんがうまく吸えないので出てこない。

おっぱいは張っていく一方で痛くてたまらない。

おっぱいのマッサージの仕方と乳首を守るテーピングの仕方を教わった。

聖母マリアのおっぱいではなくボクサーの試合の後みたいなおっぱいになった!笑笑

母乳は戦いだった!

毎日マッサージして乳首の傷口を消毒して「痛ーい…」と悶絶しながらあげる。

また3時間後には痛みをこらえて母乳をあげる。

出なくても悲しい。

出ても痛い。

飲んでも痛い。

母乳ってそんなだった。 だけど我が子の至福の笑顔を見ると「母親なんだあ…」と感じる特別な時間。

あれだけ出なかったおっぱいで

あれだけ飲めなかった息子が

離乳食が始まる5ヶ月過ぎまで母乳だけで大きくなるとはまた不思議な事だ。 《うんこで泣いたお母さんの心の話》

退院してすぐにがっちゃんのうんこが出なくなった…

1日目。明日でるかもな

2日目。きっと明日…

3日目。『うんこがでない!!!』と号泣した!

今思うと笑えるけど

「苦しくて泣いているのかもしれない」

「腸閉塞みたいになったらどうしよう」

「うんこでなくて死んじゃうとかあるのかな」

ありもしない妄想もしながらネットで調べたり、家族や友だちに相談したり…

たった3日うんこが出ないだけで、本気で泣いた。

4日目にしてうんこがでた時には、嬉しくて泣いた。


うんこでこんなにも泣くなんて…

笑えるけどそれが母の心。

まだ自分を伝えきれない我が子を目の前に

小さな変化も心が張り裂けるくらい心配になる。


うんこで泣いて母さんレベルをあげた。 





《寝るのも一歩一歩だった話》

寝るのがとことん下手だったがっちゃん。

のび太のようにどこでも3分で寝れる私には理解ができなかった…

なぜ?!

どうして寝てくれないの?!

どうして布団に下すとと泣くの?!

泣かれるたびに抱っこして。また抱っこして…

あまりにもつらくなってきて思わず

「もう!がっちゃん はいいじゃん。抱っこでねてるんだからーー!」

「お母ちゃんだって眠いんだからお布団で寝てよーーーー!!」

と泣きながらうったえた。

情けない…。

それでも少しずつ寝られるようになってきたが、音に敏感で感の鋭いがっちゃんは

生後6ヶ月くらいまではずっと抱っこしながらお昼寝していた。

でも私はある日ふと

「もしかして…寝る事も練習してるのかも。」と気がついた。

赤ちゃんはいつも寝ているイメージだったけど

寝るようになるのも一歩一歩なのかもしれない。

そう思えたら

「昨日より5分長く寝れた」

「今日は自分の布団で少し寝た」

そんな一歩一歩が大切に感じるようになった。

一歩一歩歩けるようになったときくらい褒めてあげたい気持ちになった。





母乳もうんちも寝ることも…

私は自然とできるようになることだと思っていた。

だけどそれにも得意不得意の個性があって

一歩一歩の進み方はそれぞれなのだと知った。



それは

座ること

食べること

立つこと

歩くこと


全てのことに言えて

もしかしたら母ちゃん1年生を一歩一歩母ちゃんにしてくれるためなのかもしれない。


『母ちゃん。一歩一歩だよ!!!」

私もがっちゃんにそう言われている気がした。 母ちゃんは我が子が生まれた瞬間から24時間母ちゃんになる。

子どものことを専門的に学んできた私でさえ 「どうしたらいいの・・・?」ということが度々起こった。

母さん1年生は

きっと誰でもそんな瞬間を過ごしたのではないかと思う。 そんな時 

「子どもはできないのが当たり前」

「全てが新しい世界なんだ」と思えたら

一緒にできるようになる瞬間がたまらなく幸せに感じられるようになって

力が入りすぎてた母親としての責任が少し軽くなるような気がする。





小さな一歩も大きな一歩も一緒に歩いてきた母ちゃん1年生。



おっぱいは1歳4ヶ月で卒業した。

がっちゃんのたくましさを見ると

おっぱいが出たのは彼の生きようとする力だったのだと思う。

一生懸命母ちゃんのおっぱいをすって出してくれたのだと思う。

あの痛みも

がっちゃんの嬉しそうな姿も

今となってはもう見れないと思うと

ただただ愛おしい。



うんこも今では毎日快便。

出るときには4回も5回もでるようになった。

一昨日は始めてトイレでうんこもできた!

あの涙があったから

母さんレベルを少しずつ上げられたから

この間40℃を超える熱を何日か出した時も、心配だったけどがっちゃんなら大丈夫だと思えた。

わからなくて不安で泣いて

だからこそ我が子のことがわかるようになって

我が子の力を信じられるようになった。



寝るのは今でも苦手だ。

ちょっとした物音で起きたり

寝付くまでにも大暴れしながら1時間かかる。

それでもぐっすり眠れるようになったがっちゃんを見て

大きくなったなぁ…と思う。

がっちゃんの寝顔がたまらなく好きだ❤️



この一年の2人での歩みがあったから

2年目も3年目も大丈夫だと思える!


そして。

いつか自分の力で一歩を歩み始めたら

そっと見守っていたいと思う。


そっと。ずっと…。



屋久島では1歳の誕生日には親戚やお世話になった方たちが集まり盛大にお祝いする風習がある。

子どもの育ちを共に喜び合う屋久島の人たちの考え方があたたかくて好きだ。

残念ながら

がっちゃんお祝い会はコロナで開かなかったけど

お世話になってる大切な方々がお祝いにかけつけてくれた。

慣れない土地で子育てが孤独じゃなかったのは

屋久島の大切な人たちと

共に育ち会ってくれてるがっちゃんの同級生たちと

近所の大好きな兄弟と…

屋久島の自然のおかげだと思う。

それはまた別の機会にゆっくりと伝えたいな☆

*がっちゃんと屋久島 5月*

(屋久島での子育て)


『梅雨の手仕事』

早々と梅雨入りした屋久島。

梅雨の手仕事をがっちゃんと一緒に始めました。

梅とヤマモモのシロップづくり

屋久島塩らっきょもつけてみた。

毎年同じ事をする事で季節を感じながら我が子の成長も感じられるすてきな時間。


(お友だちからもらった梅。一緒にへたをとって仕込み作業のお手伝い)


『白谷雲水峡へ山歩き』

自宅から30分でいかれる苔の森。

半年前はほぼ抱っこだったけど、今回はよく歩いたね。

雨上がりは森が本当にきれい!


(森の中のガタガタ道も歩けるようになったよーーー!)


(苔の雫あそびに夢中!雨上がりの優しいあそび)


『梅雨の晴れ間のキャンプ』

島の反対側へ小旅行気分!

屋久島は北と南では気候も育つ植物も違うからまたおもしろい!


海でいそもんとって

虫取りして

海の温泉入って

BBQして

お月様みて


(テント設営のお手伝い!

お父ちゃんの弟子のようになんでも真似したがるところがかわいい❤️)

(いそもんゲットーーーっ!!

はじめて触ってみてびっくり!

夜のBBQでいただきました!)

毎日が夏休みみたいながっちゃん。

うらやましいな☆ 『田んぼの草取り』

同級生グループ「モアナ」で作っているお米。

無事に根付いて大きくなってきてよーー!



屋久島の棚田は山と海に囲まれていて本当に景色が素晴らしい。

そして。もちろんがっちゃんはあそびに夢中!

虫取りがたのしくなってきたよーー!

95回の閲覧0件のコメント