• COLOR-P

Positive escape CAMP in Mujintoを終えて(キャンプ DAY1)

更新日:2019年6月6日

4月27日〜28日に和歌山県有田市にある地ノ島で『ポジティブエスケープキャンプ』が開催されたよ! 関東・関西から約50人の子どもと大人が集結してくれたんだ


今回のキャンプの目的は 『Positive escape』

「心がつかれているな」「これはヤダな」と感じたら、

“ちょっと休憩しよう” “やめちゃおう”

を選択してもいいんだ。それは逃げることではないんだ

『ポジティブに逃避行しよう!』 そんな自分を大切にする選択は、精神的なセーフティネットとしてとても必要だと感じるんだよね! みんなは普段の生活の中で、自分の幸せを第一に考えて行動できてるかな?

あまりにも多すぎる情報や周りからの意見を気にしすぎて、自分を押し殺してる人はたくさんいるんじゃないかな 今回は何もない無人島で、自分の心に目を向けて、心の声を大切にしてあげて、自分の思うがまま過ごしてほしいなとの思いでキャンプを企画したんだ。

ではここでキャンプの内容を紹介していくね!!!




渡船に乗って無人島に向かって出発!!!


いやぁ〜この日は雨は降ってなかったんだけど、風がものすごくて、波が荒くて、船の上はアトラクション状態(笑)



無事に無人島に到着!!! もうすでに、子ども達のテンションは上がりまくり



まずは初島神社の神様にご挨拶して、ランチタイム







さぁ〜いよいよ、無人島にあるもので船作り!!!

大人VS子どもという事で、お互いに『負けないって』って言いながら真剣にアイディアを出し合ってたね。


葦船職人でもあるヨッシーからロープの結び方を学んで、まずはオギという草で土台作り!




ここまでは大人も子どもも差はなかったんだけど、完成してみればこれ!!! 大人たちの船 『聖なる水戸納豆』 なんとまぁ無難な形(笑) 絶対に浮くやつにしようって話合った結果、これに!

そして子ども達が作った船がこちら 『令和ニュードリーム号』

形もめっちゃカッコよくて、落ちてるゴミを使って浮力をアップさせようとしたり、操縦席があったりと、本当にすごい!!! 子ども達のアイディアの凄さと、クオリティーの高さにビックリしたよ☆ でも大人達は、「浮力はウチらの方があるからね〜」なんて言って負けを認めない(笑) さてその結果は???? 次の日の乗船をお楽しみに!